[Lloyd's] ダイバーシティ&インクルージョンのビジネスケース / The Business Case for Diversity & Inclusion

25 September, 14:00 - 15:30

東京都港区虎ノ門4-3-20神谷町MTビル11階 セミナールームABC / Seminar Room A,B, and C, Kamiyacho MT Bld. 11F 4-3-20, Minato-ku, Tokyo, Tokyo, Japan

企業によるダイバーシティ&インクルージョンの活動は、道徳的そして社会的責任の視点から、企業が取り組む「行うべき正しい事」としてしばしば意義付けられています。 このセッションでは、ダイバーシティ&インクルージョンの活動が、確かに「行うべき正しい事」である一方で、企業のストラテジーに成功裡に組み込まれれば、その業績に力強い前向きの影響を持つことができることを学びます。

参加者の皆様は、さまざまな調査やケーススタディの説明を通して、ダイバーシティ&インクルージョンの組み込みに成功した企業は事業の成功を収める可能性が高いことを理解できるでしょう。また、どのようにしたら、ダイバーシティ&インクルージョンのメリットについて得た認識をそれぞれの企業内での段階的な実践に向けることができるのか、実務的なガイダンスを学ぶことができます

Quite often corporate diversity & inclusion activities are justified as being ‘the right thing to do’, something that companies undertake from a moral and social responsibility perspective. In this session, we will learn that whilst diversity & inclusion is certainly the right thing to do, if successfully embedded in corporate strategy, diversity & inclusion can have a profound positive effect on business performance.

Through exposure to multiple research and case study illustrations, attendees will learn that companies which have successfully embedded diversity & inclusion into their workforces and working practices are more likely to achieve business success. Attendees will also learn some practical guidance on how they can turn awareness of the benefits of diversity & inclusion into step-by-step action within their own companies.

This session is in Japanese only.

金子久子氏 / Hisako Kaneko

アクサ損害保険株式会社 人事本部 本部長 執行役員 チーフHRオフィサー / Chief HR Officer, Division Manager, Human Resources Division AXA General Insurance Company Limited

堀井摩耶氏/Maya Horii

マッキンゼー・アンド・カンパニー・インコーポレイテッド・ジャパン パートナー/ McKinsey & Company, Inc., Japan Partner

小田文子氏/Fumiko Oda

経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室長 /Director, Economic and Social Policy Office Economic and Industrial Policy Bureau, Ministry of Economy, Trade and Industry (METI)